大学留学TOP > WORLD REPORT > アメリカ WORLD REPORTER > アメリカ留学日記〜from Portland〜

WORLD REPORT アメリカ大学留学レポーター一覧へ

アメリカ大学留学日記〜from Portland〜

プロフィールプロフィール

目木 絢子(めき あやこ)さん

兵庫県出身。1987年生まれ。日本の高校に2年生の2学期まで通い、2005年1月よりオーストラリアのパースにあるチャーチランズ高校に留学。2006年10月に卒業し、2007年9月よりアメリカ、オレゴン州ポートランド州立大学に入学予定。

アメリカの大学に行こうと思った理由

私が2年間過ごした高校のキャンパス
私が2年間過ごした高校のキャンパス
みなさん、こんにちは。初めまして。
目木絢子(めきあやこ)です。今年の9月からアメリカのオレゴン州にある、Portland State Universityで経営学を学ぶ予定です。 これから日記の執筆をさせていただくことになりました。私は文を書くことが得意な方ではないので、留学生活や自分の気持ちなどをうまく紹介できるかどうか不安ですが、精一杯伝えられたらなぁと思っています。これからよろしくお願いします!


高校留学がスタートした頃の私(2005年3月頃)
さて、今回は簡単な自己紹介と、留学しようと思ったきっかけなどについて書きます。

私は兵庫県出身の19歳です。高校2年生の2学期まで日本の高校に通い、その後、西オーストラリア州にあるChurchlands Senior High Schoolに2年間留学し、昨年の10月末に卒業したばかりです。

世界で一番住みやすいといわれるパース
世界で一番住みやすいといわれるパース
オーストラリアに留学すると決めた時点では、卒業後の進路として、日本での大学進学とアメリカでの大学進学の両方を視野に入れていました。けれど、高校留学1年目の途中からぜひアメリカの大学に留学したいと思うようになりました。理由はいくつかあります。

日本の大学と比べ、入学するのはやさしいけれど、卒業するのは簡単ではないということはけっこう有名な話ですよね。私は、アメリカの大学に留学することによって、より一生懸命に勉強に打ち込み、実力と自立心を養う学生生活を送りたいと思いました。

日本人留学生などを対象に、年に数回日本の企業や日本にも活動拠点を置く外資系企業の人事担当者がアメリカに集まり、就職フェアを行っているというのもとても魅力的でした。アメリカの大学卒業後は日本に帰国したいと考えているので、こういう就職フェアをぜひ活用したいと思ったのです。

そして、やっぱりよりレベルの高い英語を習得することだけでなく、アメリカならではの専門的分野を学びたいと思ったのも大きな理由です。今の時代、英語をしゃべることができるということは当たり前で、プラスαが求められていますよね。大学留学すると、英語の習得と本場の経営学が学べ、卒業後の進路の選択肢が広がると思ったのです。

簡単ですがこれらが、私がアメリカ留学をしようと思った主な理由です。
今は、アルバイトをしてお金を貯めながら、留学に向けて準備をし、ワクワクどきどきしながら毎日過ごしています。

これから、大学選びをどのようにしたか、出願するにあたってどのようなことをしたかなどをお話していきたいと思います。また、留学が始まったら、留学生活の様子をみなさんにお伝えしていきたいと思います。

それではまた!
高校の卒業式にて


アメリカ大学留学プログラムをチェック

アメリカ大学留学基本情報をチェック



初めての方へ

どんな留学があるの?

何から始めたらいいの?



NZACJ

global mobile

国別基本情報

アメリカ

カナダ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

お役立ち情報

大学留学の体験談

大学留学基本情報Q&A

奨学金情報

大学留学基本用語の実用的★解説集

国別大学留学徹底ガイド
アメリカ留学徹底ガイドアメリカ留学
カナダ留学徹底ガイドカナダ留学
イギリス留学徹底ガイドイギリス留学
オーストラリア留学徹底ガイドオーストラリア留学
ニュージーランド留学徹底ガイドニュージーランド留学

大学留学.NETをご覧の皆様へ
大学留学.netは、アメリカ/カナダ/イギリス/オーストラリア等への大学留学の情報ポータルサイトで、大学留学の情報が満載です。 大学留学の不安を解消する体験談、費用、生活、大学留学に強い手配団体等、大学留学の準備に役立つ情報を掲載しております。