大学留学TOP > 日本でできる海外進学準備のコツ > 海外の大学に移行できる単位を取得しておこう

日本でできる海外進学準備のコツ

あなたが大学生の場合
海外の大学に移行できる単位を取得しておこう
効率よく大学卒業したいなら、海外の大学に移行できる単位を取得しておこう

単位が移行できる科目を履修
現地の大学でも設けている一般教育科目を取り、その単位を現地の大学に移行する。こうすれば、留学後に取るべき単位数が少なくなり、卒業までが楽になる。

提携校をもつ学校のプログラムを受講
移行できると思っていた単位が認められないこともある。単位移行に関する協定を持った提携校への留学なら、無駄なくスムーズに単位を移行できる。

日本での単位が海外の大学に移行できる

単位を移行できれば留学生活に余裕が出る

 アメリカの4年制大学の学部課程は日本と同じで、1〜2年次に一般教育科目を中心に学び、3〜4年次に専門科目を学ぶ。それぞれ必修科目や選択科目を履修して各科目の単位を積み重ね、卒業に必要な単位数を満たせば晴れて卒業となる。
 ところで、アメリカでは単位の移行、つまり前の学校で取った単位を転入先の学校で認める制度が柔軟にできている。移行された単位は、転入先大学で取得しなければならない単位に置き換えられるのだ。
 単位は科目間で置き換えられるので、同じような科目をもう一度取る必要がない。卒業までに取るべき単位数が少なくてすむため、留学生活に余裕が出てくる。多くの単位が認められれば卒業までの期間が短縮できるだろう。

移行可能な科目を日本で履修しておこう

 嬉しいのは、日本で取った単位も移行することができること。移行できる単位(科目)で最も可能性が高いのが英語(現地の学生も取る「国語」としての英語ではなく、留学生に必修となっている英語)だ。他に数学、社会学、会計学、西洋史、化学、生物学、体育、アートなど一般教育課程の科目も移行しやすい。
 ただし無条件に移行できるわけではない。一般教育課程の科目でも、日本で取った科目と同じようなものが留学先になければ置き換えられないし、科目の成績が悪ければ認められない。どの科目の単位が移行可能かは留学先の大学によって違うし、移行できると思っていた科目が認められなかったということもある。
 無駄なくスムーズに単位を移行するには、あらかじめ移行できそうな科目を履修しておくのが得策だ。そして、できるだけ好成績を取るようにがんばること。留学準備校の中には、移行可能な単位の取得ができる学校があるので注目してみるといい。提携大学をもつ学校なら、その大学に単位を確実に移行できるよう履修プログラムが組まれているので、より効率がいい。
 なお、いわゆるトップスクールと呼ばれるアメリカの一流大学では、通常、単位移行はできないので注意。また、オーストラリアの大学にも単位移行ができるところがあるので注目してみよう。



情報収集は大変!進学先は出発前に決めておこう

日本で英語力をできるだけ上げておこう

アクティブな海外の授業スタイルに慣れておこう

海外の大学に移行できる単位を取得しておこう



初めての方へ

どんな留学があるの?

何から始めたらいいの?



NZACJ

global mobile

国別基本情報

アメリカ

カナダ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

お役立ち情報

大学留学の体験談

大学留学基本情報Q&A

奨学金情報

大学留学基本用語の実用的★解説集

国別大学留学徹底ガイド
アメリカ留学徹底ガイドアメリカ留学
カナダ留学徹底ガイドカナダ留学
イギリス留学徹底ガイドイギリス留学
オーストラリア留学徹底ガイドオーストラリア留学
ニュージーランド留学徹底ガイドニュージーランド留学

大学留学.NETをご覧の皆様へ
大学留学.netは、アメリカ/カナダ/イギリス/オーストラリア等への大学留学の情報ポータルサイトで、大学留学の情報が満載です。 大学留学の不安を解消する体験談、費用、生活、大学留学に強い手配団体等、大学留学の準備に役立つ情報を掲載しております。