大学留学TOP > 日本でできる海外進学準備のコツ > 情報収集は大変!進学先は出発前に決めておこう

日本でできる海外進学準備のコツ

情報収集は大変!進学先は出発前に決めておこう
現地で英語力をあげながら進学の準備をしよう。そう思う人も多いと思うが、不慣れな土地での情報収集は結構、大変。日本で進学先を決めておけば、目的意識も高まって勉強に専念できるはず。

日本で留学カウンセリングを受ける
経験豊富なカウンセラーに留学の希望を伝え、自分にぴったりの留学プラン作りや学校を探す手助けをしてもらおう。現地の最新情報も入手できる。

留学手配団体を探す

日本で入学手続きまで済ませておく
入学に必要な書類を集めたり、提出用エッセイを書いたりする作業は時間がかかるもの。日本で入学手続きをしておけば、現地に行って悩むことはない。

現地での情報収集はけっこう大変

留学手配団体のプロカウンセラーの手助けで自分にぴったりの大学を決める

 留学希望者の多くは、まずは現地の語学学校に留学し、そこで英語を勉強している間に大学を探したり入学手続きをしたりすればいいと思っているかもしれない。しかし、現地でそうした作業をするのは決して簡単なことではない。語学学校のスタッフに相談すればいいと思っても、アドバイザーは通常ネイティブスピーカー。語学力が十分にない段階に英語で相談するのは大変だ。準備に手間取って出願締め切り日に間に合わないということも起こりうる。そもそも、そうしたことに時間や神経を使っていると、周囲の環境に溶け込んだり、英語の勉強に専念したりすることがおろそかになる。
 その点、日本にいる間に留学先を決めておけば楽だ。留学手配団体の専門のカウンセラーが、学びたいこと、将来の進路、留学費用、行きたい都市など、留学に対する希望を聞き、その人に合った留学プランを考えてくれる。そして、頻繁に話し合いを重ねて、本人にぴったりの学校を選んでくれる。現地の最新情報もわかるし、途中で進路変更をしたいときでも安心して相談できるだろう。

入学手続きを済ませれば、目的を持って勉強に集中

 留学する大学が決まったら、入学手続きまで済ませたい。入学する大学が決まれば、目標が定まったこと。留学に対するモチベーションも高まり、あとはそれに向かって英語の勉強などに集中すればいいのだ。出願もプロに頼めば、必要な書類の手配や書類記入のヘルプ、エッセイの指導などをして申し込みを代行。ビザ取得のサポートまでしてくれる。
 英語力が大学の条件に満たなくても、入学方法には可能性がいくつかある。まず、条件付き入学許可をもらえる場合があること。これは、英語力以外の入学条件が満たされていれば、仮入学の許可を出してくれるもので、最終的に英語力がその学校の要求レベルに達したら正規入学が許可されるというもの。もうひとつは、現在の自分の条件で入学できる4年制大学あるいは2年制大学にまず入学すること。そこで英語力や学力をつけた後、本来の志望校に編入する方法だ。こちらの道を取る場合でも、留学準備校のカウンセラーがしっかりサポートをしてくれるはずだ。



情報収集は大変!進学先は出発前に決めておこう

日本で英語力をできるだけ上げておこう

アクティブな海外の授業スタイルに慣れておこう

海外の大学に移行できる単位を取得しておこう



初めての方へ

どんな留学があるの?

何から始めたらいいの?



NZACJ

global mobile

国別基本情報

アメリカ

カナダ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

お役立ち情報

大学留学の体験談

大学留学基本情報Q&A

奨学金情報

大学留学基本用語の実用的★解説集

国別大学留学徹底ガイド
アメリカ留学徹底ガイドアメリカ留学
カナダ留学徹底ガイドカナダ留学
イギリス留学徹底ガイドイギリス留学
オーストラリア留学徹底ガイドオーストラリア留学
ニュージーランド留学徹底ガイドニュージーランド留学

大学留学.NETをご覧の皆様へ
大学留学.netは、アメリカ/カナダ/イギリス/オーストラリア等への大学留学の情報ポータルサイトで、大学留学の情報が満載です。 大学留学の不安を解消する体験談、費用、生活、大学留学に強い手配団体等、大学留学の準備に役立つ情報を掲載しております。