大学留学TOP > ICC国際交流委員会 > 体験談一覧 > 体験談詳細

ICC国際交流委員会

アメリカ、カナダ、イギリス、オセアニアの大学で学位取得を目指す。大学選択から出発まで総括サポート

大学留学の資料請求の手続きをする
アメリカ、カナダ、イギリス、オセアニアの大学で学位取得を目指す。大学選択から出発まで総括サポート

3つの奨学金を得て、国際ビジネスを学んでいます
北米 アメリカ テキサス州 大学進学

名 前:高橋 由実 (タカハシ ユミ) さん
学校名:Texas Wesleyan University
留学期間:2003年7月〜2007年12月
1984年生まれ。2003年7月より、シアトルでのICC海外プレ授業(現:TOEFL完全攻略講座)に参加。同年8月よりテキサス州にある2年制私立大学Lon Morris Collegeに入学。同大学卒業後の2005年8月より、テキサス州にある4年制私立大学、Texas Wesleyan Universityへ編入し、在学中。専攻は国際ビジネス。

Q:アメリカの大学進学を決めた理由は?
A:英語を話せるようになりたかったのと、国際関係の勉強がしたかったからです。アメリカの大学に行けばどちらも一度にできるので、アメリカの大学進学を決めました。それから、いろいろ留学生をサポートする会社の説明会に参加したり、カウンセリングを受けたり、資料を取り寄せたりしましたが、その中でICCが一番自分に合っていると思い、選びました。

Q:シアトルでのICC海外プレ授業に参加していかがでしたか?
A:初めてのアメリカ留学だったので、現地の生活に慣れるという点で、成果がありました。

Q:4年制大学への編入は、留学当初から計画していたのですか?
A:はい、計画していました。初めての留学だったし、英語がまだまだだったので、最初は小さな2年制大学でアメリカの大学のシステムや生活、英語に慣れてから、4年制大学に編入して学位を取りたかったんです。

Q:2つの大学の違いは?
A:どちらの大学も小さい大学なのですが、2年制大学は授業のレベルが比較的簡単で、場所も田舎だったので、みんな本当に親切でフレンドリーでした。4年制大学は授業のレベルが上がり、都市にあったので「自分のことは、自分でして」みたいな感じでした。もちろん、中にはすごく親切な人もいましたが。

Q:複数の奨学金を受けているそうですね。
A:はい。今は「International GlobalScholarship」、「 Phi Theta Kappar Scholarship」、「 Hyde Scholarship」という3つの奨学金をもらっています。

Q:現在は国際ビジネス専攻とのことですが、特に興味のある授業は何ですか?
A:「インターナショナルマネージメント」、「インターナショナルマーケティング」、「インターナショナルファイナンス」など、インターナショナルがつく授業の全部に興味があります。国によってビジネスの仕方が違うので、その違いを知るのが楽しいです。

Q:大学でアルバイトをされているとか。
A:月曜日から金曜日の午後、大学のインターナショナルオフィスで週に20時間バイトをしています。大学に興味のある留学生のリストが送られてくるので、その人たちにメールを送ったり、コピーしたり、書類を他のオフィスに届けたり、郵便を出しに行ったり、インターナショナルクラブミーティングの準備をしたりしています。

Q:卒業後のビジョンを教えてください。
A:大学卒業後はOPT(プラクティカルトレーニング)に応募して、1年間アメリカで働いてみようと思っています。アメリカの大学に来たことで、違う文化や考えを持った人に出会え、自分の視野が広がったので、留学してよかったと思っています。

初めての方へ

どんな留学があるの?

何から始めたらいいの?



bannerlist

国別基本情報

アメリカ

カナダ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

お役立ち情報

大学留学の体験談

大学留学基本情報Q&A

奨学金情報

大学留学基本用語の実用的★解説集

国別大学留学徹底ガイド
アメリカ留学徹底ガイドアメリカ留学
カナダ留学徹底ガイドカナダ留学
イギリス留学徹底ガイドイギリス留学
オーストラリア留学徹底ガイドオーストラリア留学
ニュージーランド留学徹底ガイドニュージーランド留学

大学留学.NETをご覧の皆様へ
大学留学.netは、アメリカ/カナダ/イギリス/オーストラリア等への留学情報ポータルサイトです。
大学留学の際に感じる不安を解消する体験談や費用・生活等、留学の準備に役立つ情報を掲載しております。