大学留学TOP > 株式会社 留学サイトドットコム > 体験談一覧 > 体験談詳細

株式会社 留学サイトドットコム

コミカレや大学留学の手続きが無料でできる!

大学留学の資料請求の手続きをする
コミカレや大学留学の手続きが無料でできる!

2年間のカレッジ留学の後、3年間仕事ができるカナダに進学!
北米 カナダ トロント 大学進学

名 前:鈴木美耶 (スズキミヤ) さん
学校名:Niagara College
留学期間:2011年5月~現在も留学中
福島県出身。
2年間のカレッジ留学の後、3年間仕事ができるカナダに進学!

2年間のカレッジ留学の後、3年間仕事ができるカナダに進学! Q.留学しようと思ったきっかけは何ですか?

私は留学したいという気持ちがありながらも、不安と恐れがあったためか、日本の短大に進学しました。しかしながら、短大に通っているうちに、このままでいいのだろうかと自分に疑問を抱き、思い切って退学し留学を決意しました。また、他の人と変わったこと事をしてみたいという気持ちも留学という道を決めた理由であるのかもしれません。


Q.カナダを留学先に選んだ理由は何ですか?

カナダを選んだ理由として、カナダで話されている英語は最もclearだということ、短大を卒業すると3年間の就労ビザが下りることが決め手でした。


Q.一番くるしかったことは何ですか?

留学中、言いたいことが言葉に出せない、うまく伝えられなかったことが一番苦しかったです。また、英語を向上させるために一番のポイントは、語彙力だと感じました。留学とは悩みが付き物だと思いますが、私は休日に友達と遊ぶことでリフレッシュしています。


Q.一番楽しかったことは何ですか?

一番の思い出はバスを乗り継ぎ、Niagara Fallsへ行ったことです。今までテレビの画面でしか見たことなかった光景を、自分の目で見たときは、鳥肌が立つほど美しかったです。


Q.留学中に感動した出来事はありますか?

一番感動したことは、ホストファミリーがサプライズで私の誕生日を祝ってくれたことです。バースデーケーキにプレゼント、本当の家族の様に接してくれて、とても心が温かくなりました。おかげでこの5ヶ月間、一度もhomesickを感じたことがありません。


Q.留学を通して学んだことは何ですか?

私の通っている学校は毎週末、activityがありあす。もちろん、授業に参加することが一番大切だと思いますが、その他に、こういったactivityに参加することで、多くの仲間と触れ合うことができ、英語向上につながると思います。英語を学べる場所は、学校だけではないことに気づきました。ホストファミリーや近所の人、そして友達などできるだけ多くの人とコミュニケーションを取ることが留学生活を成功させるカギだと思います。カナダへ留学して約5ヵ月、私は日本にいた時、人の目を気にしていました。しかし現在は、自分は自分だと他人の目を気にしなくなりました。自分の意見を主張し相手に伝えようと心掛けています。カナダにはまだ私にとって、未知なものが沢山あると思います。英語の勉強に、プライベートの時間をバランスよく、これからも貴重な留学生活をenjoyしていきたいです。


Q.初めて学校にいって、戸惑ったこと、困ったことはありましたか?

最初のクラスで他国籍のクラスメートとの接し方に戸惑いを感じました。 十分な英語ではありませんでしたが、お互いに自己紹介をしたり、lunch timeを一緒に楽しんだりすることで距離を縮めていきました。


Q.授業には、苦労せずについていけましたか?

レベルごとにクラスが分かれているため特に苦労を感じたことはありません。


Q.宿題やテストは多いですか? どんな種類の宿題やテストが多いですか?

宿題は多いと感じたことはありませんが、テストは多いと思います。前期、後期試験の2週間前になると毎日のように復習のテストがあります。宿題は、その日授業で行った復習や、readingの場合、bookを渡され、毎週チャプター1ずつテストがあるためそれに向けて、本を読む課題が出されます。Writingは先生がお題を出し、それに適したdiaryを書く課題が出ます。

Q.学校生活や授業で、あなたが「留学生はこうしたほうがいい」と思うことがあったら教えてください。

当たり前のことかもしれませんが、少しでも授業で疑問に思ったことは、そのままにせず、先生や友人に質問するべきだと思います。私の場合、放課後先生のofficeを訪ね解決していました。 また、留学生活を送っていくと、ストレスや不安がたまることもあると思います。そんなとき、私は日本人だけで集まりrefreshしています。心の支えとなり、日本人の方とも付き合っていくことも大切だと感じました。


Q.現地の生活習慣やルールなど、日本とずいぶんちがうな?と感じたことはどんなところですか?

授業中、たまに先生や生徒が食べ物を食べていることに驚きを感じました。 また私のホームステイ先の場合、日本の様に、主食となるご飯やパンなどを毎回食べません。平均的に週に1、2回程度です。カナダの夏は夜9時ころまで明るいため、夕食後、外で娯楽を楽しむ人が多いです。 また、夕食時は6時前に食べることが普通でした。


Q.あなたが生活をしていて、困ったことや注意点を教えてください。

日本人にとってバスタブがないことはきついです。また、カナダの水道料金は高いみたいなので、最低限に抑えることをお勧めします。


Q.電気製品(携帯も含む)は、どんな物をもって行きましたか、またもって行くと便利だと 感じた物はありますか?

ドライヤー、パソコン。特にパソコンは課題が出される時によく使うため必需品だと思います。 逆に電圧器を持って行きましたが、必要ありませんでした。


Q.そのほか、絶対にもって行ったほうがいいもの(もって行ってトクしたもの)を教えてください。それはなぜか、その理由も教えてください。

私の場合、海外のシャンプーを使っていて、髪のダメージが酷かったです。 できるだけ日本のシャンプーを用意することをお勧めします。


Q.最後に、出発までにしておくとトクする準備を教えてください。自分がトクしたこと、準備をしておけばよかったと思うことを教えてください。

時間に余裕を持って準備することです。完璧と思っていたはずの私でも、いざカナダに着いてから、忘れものを思い出したということがあります。最低でも2回くらいは再チェックすると良いと思います。

初めての方へ

どんな留学があるの?

何から始めたらいいの?



bannerlist

国別基本情報

アメリカ

カナダ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

お役立ち情報

大学留学の体験談

大学留学基本情報Q&A

奨学金情報

大学留学基本用語の実用的★解説集

国別大学留学徹底ガイド
アメリカ留学徹底ガイドアメリカ留学
カナダ留学徹底ガイドカナダ留学
イギリス留学徹底ガイドイギリス留学
オーストラリア留学徹底ガイドオーストラリア留学
ニュージーランド留学徹底ガイドニュージーランド留学

大学留学.NETをご覧の皆様へ
大学留学.netは、アメリカ/カナダ/イギリス/オーストラリア等への留学情報ポータルサイトです。
大学留学の際に感じる不安を解消する体験談や費用・生活等、留学の準備に役立つ情報を掲載しております。