大学留学TOP > 国別大学留学徹底ガイド > アメリカの大学留学徹底ガイド

アメリカの大学・カレッジ留学に強い留学手配会社・団体をチェック

アメリカの大学・カレッジ留学プログラムをチェック

アメリカの大学・カレッジ留学の体験談をチェック


アメリカの大学留学徹底ガイド

アメリカの教育機関の種類と特徴

2年制と4年制、あわせて4000校以上もの大学があるアメリカ。大学の充実度は世界一だ。

2年制大学
 アメリカの2年制大学(Two-year Colleges)は約1800校。公立のコミュニティカレッジと私立の短大があり、短期のプログラムも充実している。通常2年間の学部課程で準学士号を取得できる。

留学生に人気のコミュニティカレッジ
 公立の2年制大学はコミュニティカレッジ(Community Colleges)と呼ばれ、主に地域住民の税金で運営されている。特色は、広い分野にわたる技術・職業訓練を目的とした「職業教育コース」と、4年制大学に編入するための「進学コース」を提供しているところ。年齢層が広く、生涯教育の場としても利用されている。また、州や地域によっては、高校中退者にも門戸を開放し、高校レベルの補習教育の後、正式にコミュニティカレッジのプログラムで学べるところもある。授業料が安く、入学に必要な成績や英語力の基準が4年制大学より低いので留学生にも人気だ。手に職をつけたい人や、4年制大学へのステップアップを考える人に向いている。

ジュニアカレッジから4年制大学へステップアップ
 私立の2年制大学はジュニアカレッジ(Junior Colleges)と呼ばれ、宗教関係団体によって運営されているものと、独立した組織によって運営されているものとがある。主に4年制大学への編入目的の一般教養コースを提供しており、中には編入率が高い大学もある。授業料はコミュニティカレッジより高いが、小規模で学生寮を備えた学校も多い。アットホームで、ケアの行き届いた環境で学びたい人向けといえる。

4年制大学
 4年制大学は公立、私立合わせて約2300校。総合大学、リベラルアーツカレッジ、単科大学の3つに大別され、学生数が1000人以下の小さなものから、5万人位の大規模なものまで多様だ。通常4年間で学士号を取得できるが、薬学・工学・建築学など、中には学士課程の修了に5年かかる場合もある。

アメリカの大学・カレッジ留学に強い留学手配会社・団体をチェック

アメリカの大学・カレッジ情報をチェック

アメリカの大学・カレッジ留学の体験談をチェック


総合大学の専攻分野は多種多彩
 総合大学はユニバーシティ(University)と呼ばれ、州が予算を出す公立大学と、学生の授業料や寄付で運営される私立大学がある。研究者養成を目的として設立され、多彩な専攻分野や学位プログラムを提供している点が特徴。公立大は、学生数2万人以上の大規模校が多く、その敷地面積も広大だ。州の住民に入学の優先権があるため、州外扱いとなる留学生は授業料が高く、入学審査基準もやや厳しい。私立大は州の内外関係なく、授業料はやや高め。大規模な大学でも2万人以内で小規模の大学が多い。
 アメリカの総合大学は専攻分野が細分化されており、日本で学べないものも数多くある。卒業までに必要な取得単位は増えるが、途中で専攻分野を変えることはもちろん、関連分野で副専攻(Minor)を持ったり、ダブルメジャー(Double Major)で同時に2つの分野を専攻することも可能。また大学から大学への編入もできるので、「大学には進学したいが、まだやりたいことがはっきりしていない」という人にはおすすめといえるだろう。

東部に多いリベラルアーツカレッジ
 リベラルアーツカレッジ(Liberal Arts College)は教養学部だけの大学。一般教養で学士号を取得することもできるし、専門分野を学び、その専攻で学士号を取得することもできる。多くは学生数1000〜3000人の小規模大学で、学生に対するケアが行き届いていることと、教授が研究より教えることに力を注いでいる点が特徴だ。アッパーミドル以上の家庭からの子弟が多く、留学生にとっては高額な授業料がややネック。田舎や郊外にキャンパスを構える大学が多く、寮や設備の面など申し分のない環境なので、静かに勉強に打ち込みたいという人に向いている。

専門を究める単科大学
 単科大学(Specialized College)は、ビジネス、音楽・アート・ダンス等の芸術系、建築、エンジニアリング、看護学等の専門分野の教育を提供している大学。日本ではジュリアード音楽院やファッション工科大学などが有名だ。芸術・建築系の大学への入学には、英語力や成績の他に、個人の能力・技能を示す作品提出やオーディションが義務付けられる場合がある。学びたい専門分野がはっきりしていて、専門性の強い授業についていける人に向いている大学といえる。

専門学校でも大学で学ぶと同等の勉強ができる学校もある
 アメリカの専門学校は、日本とはかなり雰囲気が違い、学位や資格の取得を目指す学生たちが学んでいる。課程は、1年、2〜4年などさまざまだが、多くは「インスティチュート」、「カレッジ」という名称だ。デュプロマ(1〜2年間)、准学士号(2年間)、学士号(4年間)、その上の修士号まで認定できる専門学校がたくさんある。
 4年課程まである専門学校として、日本人にも人気が高いのは、バークリー・カレッジ・オブ・ミュージック。音楽関連のビジネス教育機関として知られる私立のカレッジで、ボストン郊外にある。1年間のディプロマコースから4年制のディグリーコースまである。夏季プログラムには、世界中から学生が集まる。その他、ファッションデザイン志望者に人気の、ニューヨークにあるパーソンズ・スクール・オブ・デザインなど多くの専門学校がある。ポートフォリオの提出と課題の作品製作、面接により入学が審査される。この学校も4年制で学位号を認定する。

アメリカの大学留学に強い留学手配会社・団体をチェック

アメリカの大学・カレッジ情報をチェック

アメリカの大学留学体験談をチェック

教育機関の名称 入学に必要な条件 取得可能な学位・資格
コミュニティカレッジ 高校卒業以上
英語力:
TOEFL 133(450)以上が目安。TOEFL 97(400)で入学可の学校もある。
準学士号
Certificate
Diploma
ジュニアカレッジ 高校卒業以上
英語力:
TOEFL 133(450)以上が目安。
準学士号
Certificate
Diploma
総合大学 高校卒業以上
英語力:
TOEFL 173(500)以上が目安。
学士号
Diploma
リベラルアーツカレッジ 高校卒業以上
英語力:
TOEFL 173(500)以上が目安。
学士号
Diploma
専門/単科大学 高校卒業以上
英語力:
TOEFL 173(500)以上が目安。ポートフォーリオの提出やオーディションを求められるケースあり
学士号
Diploma

準学士号
Diploma
(学校による)

アメリカの大学留学に強い留学手配会社・団体をチェック

アメリカの大学・カレッジ情報をチェック

アメリカの大学留学体験談をチェック

アメリカの高等教育事情

アメリカは、日本人の留学先ナンバーワン。アメリカの高等教育事情を十分理解したうえで、留学先を決定しよう。

入学システムが日本と違う!!試験より成績が大切
 アメリカの大学には、入学試験がない。大学側は、受験生の入学申請書類を審査し、合否判定を行う。入学試験を一斉に行う日本とはまったく異なるシステムだ。合格者には「アクセプタンスレター(Letter of Acceptance)」つまり入学許可証と「I-20」が送られてくる。書類審査の基準は、大学ごと独自にあり、合格者の定員なども明らかにされていない。ただ、各々の大学のカタログや公式サイト、市販されている大学名鑑などには、入学審査基準がかなり明確に公開されている。
 学歴は、高校卒業以上なので、日本の高校を修了していればよい。高校3年間の成績が学力の審査基準となるので、3年間すべての成績を大学に提出することになる。大学側はそれを所定の計算方式でGPAに換算して評価する。だから自分の成績をGPA換算してみれば、その大学の合格基準に達しているかどうか、知ることができる。ただ、日本の場合、同じ評価5であっても、高校Aと高校Bではかなりの差があるというのが本当のところ。レベルの高い高校の出身者は、自分のエッセイや先生からの推薦状で、そうした事情を説明したほうがよいだろう。

専攻科目は多彩で職業直結型 入学後に決めてOK
 アメリカの大学は「実学」がメイン。伝統的に社会に必要とされる研究分野に合わせて学部学科が組まれており、現在も学科が増え続けている。たとえば、コミュニケーションの分野には、スピーチ、レトリック、公開演説、討論(Speech,Rhetoric,
Public Address, Debate)といった専攻がある。また、ソーシャルサイエンスの中には、女性学(Women's Studies)や平和研究(Peace Studies)などの新しい学問分野も設けられている。
 アメリカの社会では、日本やヨーロッパのように働く現場で学び、修得するといったことはあまりない。つまり、こうした専門分野は大学で勉強してこないと就職ができない場合が多い。こうした事情もあり、大学の授業では実社会のシミュレーションを行うケーススタディやプラクティカルトレーニング(実習)が重視されている。そして大学を卒業して社会人になってからも、アメリカ人はたびたび大学に戻ってくる。だから、アメリカ人学生は、自分が将来就くと考えている職業に必要と思われる科目はできる限り大学在学中に履修しておこうとする。
 アメリカの学士号は、文系B.A.=Bachelor of Arts(バチェラー・オブ・アーツ 文学士号)と理数系のB.S.=Bachelor of Science(バチェラー・オブ・サイエンス 理工学士号)の2種類。卒業するときにもこのような大枠しかないのだから、入学時には枠は存在しないと考えてよい。フレッシュマン(1年次)は、基本的な教養科目を履修するだけで終わってしまう。ソッファモア(2年次)になると主専攻(メジャー)を決め、その専攻に必要な科目を履修していく。しかし主専攻は、ジュニア(3年次)になってからでも変更することができるし、副専攻(マイナー)を持つことも、ダブルメジャーにすることも可能。
 専攻が細かく分かれているので、自分がやりたいことが決まっている学生には非常によいが、テーマが未定の人にはやりにくいという欠点もある。自分が学びたいことを十分考えて、専攻を選ぶようにしよう。

専攻の変更や他大学への転校は意外に簡単
 教養課程となる大学の前期課程(1・2年次)は、学部も決まっていないのでかなり自由。後期課程になり、専攻を決め、専門科目を履修し始めると、必修の教養科目があったり、専門科目の中でも段階的に履修していかなくてはならない科目が出てくる場合もある。どの科目を取っておけば次へ進めるのかきちんと知っておかないと、後で単位が足りなくて困ることに! 専攻に合わせた科目履修は複雑で分かりにくいので、留学生は特に注意するようにしよう。多くの大学には、留学生アドバイザーがいて、世界各国から来ている留学生のために、勉強や進路、生活面まで、あらゆる相談に応じている。
 コミュニティカレッジから編入するトランスファーのときには、履修した単位を大学で認定してもらう。そのため、4年制大学へ進学する予定で、コミュニティカレッジに入る人は、編入したい大学の専攻で認めてもらえる科目をリサーチしておき、そうした科目を履修しておくことが大切。また、他大学からトランスファーするときも、転入時に前の大学で履修済みの単位を申請することになるが、全単位が認定されるとは限らない。自分から名乗り出て手続きをすることが何より重要だ。
 日本の大学の単位も認められる。

高校を卒業していない、そんなときには.......
 アメリカでは、どこの大学も「高校卒業」を入学の審査条件としている。ゆえに留学を希望するなら、高校卒業の資格を取ることが第一条件となる。通信制の高校や定時制高校でも卒業すれば高校卒業資格が得られる。また、大検(大学受験検定)を受けてもよい。大検合格は、アメリカでも高校卒業資格として認められるため、ほとんどの大学に入学申請ができる。GPAも出せるので自分の成績を知ることも可能。ただし、一部大学では、高校3年間の3年分成績を審査対象とするところもあるので、大検合格では内容不足ということになり、受け入れてもらえないケースもある。
 また、可能性は小さいが、日本の高校卒業資格がなくてもアメリカの大学へ留学できるケースもある。コミュニティカレッジの中には、高校中退者のためのプログラムを開講している学校もあるからだ。高校2年を修了していれば、高校卒業資格と准学士号が同時に取得できるコースもある。ただ、こうした学校も、入学時にはTOEFLのスコアを求められる場合も多いので、日本で高卒資格をとったほうが容易だ。アメリカでは高校のランクより卒業資格や在学中の成績が重視されるから、高校卒業は大切になる。

アメリカの大学留学に強い留学手配会社・団体をチェック

アメリカの大学・カレッジ情報をチェック

アメリカの大学留学体験談をチェック

高校卒業後のアメリカ留学への道のり

まず、英語力を身に付けて憧れのアメリカの大学へ。条件付留学というシステムもあり、努力すれば必ず道は開ける。

英語力の他に必要な入学条件は?
 すべての大学は入学に必要なTOEFLのスコア、GPA、SATのスコアなどを示している。GPAは、願書に申請者が記入するようになっている大学もあるが、本来は提出する成績証明書に基づいて、大学側が換算するもの。高校3年間のすべての成績を集計するのが一般的だが、大検によって高校卒業資格を得た場合は、試験の成績を換算する。TOEFLは、従来のペーパー式試験のスコアでも認めてくれる大学もある。また、TSEのスコア提出を求められる大学もある。

英語力がなくてもOK?条件付入学とは?
 日本の高校生の平均的な英語の学力は、高校卒業時にTOEFL350〜380と言われている。アメリカの大学には、留学を目指しているが、英語力が足りない外国人留学希望者のために、条件付入学というシステムがある。
 これは、入学申請をする際にTOEFLのスコアが不足していても、仮に入学許可をもらい、その後に英語を集中的に勉強してスコアを規定レベルまで上げれば、正式に学部生として認められるというもの。
 この条件付入学のメリットとしては、1.渡米する前に大学の入学許可証でビザが取得できる。2.目標が定まっているので、留学後の英語研修に集中できる。3.大学生として滞在できるため、気分的にも安心…などがあげられる。
 ただ、条件付入学は、あくまでも「英語のスコアが上がったら」という条件付き。当然、期限が設定されていて、期間内にTOEFLを受験し、規定のスコアに達しなかったら仮入学は取り消しになるので、しっかりと英語力をアップする努力が必要。

2年制大学から4年制大学への編入も可
 アメリカの大学へ留学する日本人の80%がコミュニティカレッジ経由で学部進学に成功していると言われている。英語の勉強をある程度したら、まず4年制大学よりも入学に必要なTOEFLのスコアが低めのコミュニティカレッジにまずは入学。その間は英語で学部の授業を受けているので英語力アップ、編入の時までに4年制大学で要求するスコアまでじっくりとアップさせ、コミュニティカレッジ卒業後に大学の3年次に編入する。そして2年間の課程を修了すれば、准学士号が取得できる。
 留学当初から大学編入を計画しているのならまずは、進学したい大学を決めておくほうがよい。そして、その大学へ編入がしやすいコミュニティカレッジに進学する。一般的に同一州内のコミュニティカレッジから大学への編入はしやすい。
 コミュニティカレッジを選択するときに注意したいのは、人文系教養科目や理数系基礎科目が開講されていないカレッジは大学編入には不利だという点。4年制大学への編入を目標としている人は、「トランスファーコース」を開いている学校を選ぶようにしよう。このコースでは、大学学部前期課程の共通科目の多くが受講でき、編入の指導も行っている。
 編入時には、大学入学申請と同じ書類がすべて必要となるが、「編入であること」をはっきり表記し、編入手続きには、通常の入学とは別の指示がある。また、編入が認められたら、すぐに単位の移行をしよう。単位認定を受けることが、編入の重要なポイントとなる。
 コミュニティカレッジで履修した単位は、大部分が大学編入時に単位認定されるが、すべての単位がそのまま認められるのは難しい。学校により開講している課程や単位、プログラムが違うことがその理由だ。



GPAが低い時はどうしたらいい?

オール3でGPAは2.0、できれば2.5ほしい コミュニティカレッジの成績を換算してUP

 GPAの換算式に自分の成績を当てはめて計算してみよう。高校時代の成績が悪いようなら、GPAの提出を必要としないコミュニティカレッジに入り、そこでがんばって成績をあげて、高いGPAにする手もある。GPAは在校した高校の中での成績を換算するものなので、在学した高校がトップランクの高校だった場合、中位の成績でも、レベルの低い高校の上位者より数字が低くなるという不利が出る。そういう時は、高校ランキングで上位校であることなどを説明して評価を求めよう。

アメリカの大学留学に強い留学手配会社・団体をチェック

アメリカの大学・カレッジ情報をチェック

アメリカの大学留学体験談をチェック

大学留学徹底ガイド

アメリカ

カナダ

イギリス

オーストラリア

ニュージーランド

関連リンク

アメリカの大学一覧

大学留学会社一覧

アメリカの大学留学体験談一覧

アメリカの国基本情報



大学留学用語

●ESL
【English as a Second Language】
第2言語としての英語教育のこと。EFL(English as a Foreign Language)と同じ。大学付属や移民のためのESL教育機関が発展して英語学校が普及していった。

●パートタイムコース
【Part Time Course】
週あたりの授業数が15時間以下のコース。コミュニティカレッジの場合は、午後4時から9時頃に時間割が組まれる。

●アイビーリーグ
【Ivy League】
アメリカ東部にある有名私立大学8校のこと。この言葉が生まれた1930年代は、アメリカにも男女共学校はなく、アイビーリーグの大学もすべて男子校だった。

●ディプロマ
【Diploma】
サーティフィケイト(Certificate)と同様、修了証や免状、認定証のことだが、ディプロマはより専門的なコースに対して与えられることが多く、取得すれば業界では資格に近い評価を得られる。

●交通
【Transportation】
国際空港から近いことや市内に地下鉄やバスなど公共交通機関が整備されていることは、留学生にとって大きなメリットといえる。

●ゴーマンレポート
【The Gorman Report】
アメリカにおける大学の学部のランキングを掲載している唯一の刊行物。トップ10ランキングの妥当性については、疑問視する声もあるが、ひとつの目安にはなる。

●入学許可証
【I-20】
アメリカの留学生向け入学許可証のことで、これがないと学生ビザの申請ができない。

●GPA
Grade Point Averageの略。総合成績の平均点のことで最高は4.0。入学条件としてその最低ラインが示されており、日本の出身高校のGPAが対象となる。

●ケーススタディ
【Case Study】
事例研究のこと。有名なハーバード大学のケーススタディでは、日本のトヨタ自動車の部品在庫管理方式である「カンバン方式」が取り上げられ、注目された。

●メジャー
【Major】
「大きいほう」、「主要な」という意味で対語はマイナー(Minor)。アメリカでは大学の専攻のことをメジャー、副専攻をマイナーという。

●ダブルメジャー
【Double Major】
2つの専攻科目を選択できる制度。日本のように専攻学部をひとつに絞らなくてもよい。文系の科目と理系の科目を組み合わせることも可能。

●留学生アドバイザー
【Foreign Student Adviser】
世界各国から留学生を受け入れている大学には、留学生のためのアドバイザーがいて、勉強や進路だけでなく、生活全般、個人的な問題など、さまざまな相談に応じてくれる。

●編入
【Transfer】
電車の乗り換えだけでなく、転校のこともトランスファーという。日本の大学からでも中途学年にトランスファーすることが可能。海外の大学ではトランスファーは一般的。

●TSE
【Test of Spoken English】
英語のスピーキングレベルを判定するテスト。TOEFL受験と併せて受けられる。スコアは40、50、60などの数字で表され、50あれば十分。

●条件付入学
【Conditional Acceptance】
英語力が足りない外国人留学希望者のために大学が独自に設けている受け入れシステム。カタログには掲載されていない場合が多い。個別に大学と交渉する方法がとられ、条件はケースバイケース。

●単位
【Credit】
科目を履修して、その単位が卒業単位と認定されることで有効になる。認定は本人が自分の取得した単位科目の内容を説明し、担当官または専攻学科の教授が認めてくれることで成立する。

●インターンシップ
【Internship】
本来は専門技術を修得した学生のための企業実習のことで、大学在学中に専攻に関連する仕事を大学外の企業や機関で体験し、それが単位として認められる制度。アメリカでは仕事探しは自分で行い、報酬を得ることができる。

大学留学.NETをご覧の皆様へ
大学留学.netは、アメリカ/カナダ/イギリス/オーストラリア等への大学留学の情報ポータルサイトで、大学留学の情報が満載です。 大学留学の不安を解消する体験談、費用、生活、大学留学に強い手配団体等、大学留学の準備に役立つ情報を掲載しております。